スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバキッズ2:70

ゲームレビュー&紹介第二回目。
前回とは違って携帯機からのご紹介!!

一昔前は小学生が持つものだった携帯ゲーム機。

休日に公園に持って行って皆で電池を気にしながらプレイし、

電池が切れたら電気屋さんに小銭を握りしめていく。

中には充電池を持っているやつやACアダプタもってるやつがいて羨ましくなったり、

両親に隠れてこっそり布団の中や

勉強中にプレイしたりする。

そんな子供の思い出がいっぱい詰まったゲームボーイ。
僕らに人の目を盗むこと
わくわくする心を与えてくれたゲームボーイ


それが今や
・ノートパソコン
・携帯電話
・DS、PSP
みたいな感じで社会人のたしなみ。

「いや、名刺交換なんかいいからギルドカード交換しようよ」
みたいになっちゃっています。←おい

そんな現状をわたくしremyがスルーできるわけもなく、

ここいらでそんな荒んだ現代人に是非ともプレイしてほしい
お勧めの携帯ハード用ソフトをご紹介するです。


その名も!
「サバイバルキッズ2~脱出!!双子島!!~」
165001031m.jpg


あらすじ
双子の兄弟が夏休みにキャンプに行こうとしてたら
いい年してふざけた格好をした
大人が三人がかりで小学生を拉致。

片方がそのまま連れて行かれ
もう片方がヘリから落ちてしまい
なんか生きてたから
落ちた無人島から
頑張って脱出しようか!


ってお話です。


もうこのシンプルさがたまりませんよね!
悪魔とか天使とか愛とか罪とかより
こういうシンプルさが現代には必要な気がします。

先に述べたあらすじでお分かりの通り
ものっそいバカなストーリーなんですが
小学生がやるにしてはちょっとシビアだったりします。

まずシステム面。

普通に餓死します。


いや、そりゃご飯食べなきゃそうなりますが、
ゲームボーイ、ましては子供向けゲームで
餓死っていうのがコナミの恐ろしいところです。
ついでに喉が渇いてもやばいです。
餓えか渇きのどちらかに絞ってもよかったような気がするのですが
そんな甘えは許さないのがコナミクオリティ
トウソフトハデハアマエキンシトナッテオリマス

また、無人島に落ちてしまったのですから
当然、野生動物なんかもわさわさ出てきます。
夢の国の黄色いおっさんが裸足で逃げ出しそうなくらい凶暴なクマが
12歳の子供の命を取りに来ます。
因みにremyはあのゲームをやるまで
黄色いおっさんみたいなのがクマで
あんなに怖いものと思ってなかったです。

そういう意味ではいい勉強になりました。


そんなサバイバルキッズですが
所謂「ゲームソフト無差別大量製造期」(こんな言葉はありません)
に販売された作品。
ストーリーなんて二の次で地味な作業が売りのゲームとなっております。
例を挙げるなら遊戯王のゲームとか。

様々な道具を拾って、
分解、組合せ、加工、調理
を行って脱出していくちょっとした作業ゲーチックな内容です。

ちゃんと組み合わせてカギを作り、それを扉に使う。

これだけなら作業感がないといっても過言ではないのですが、
当時のGBにありがちなヒント不足により
総当たりの合成になります。
(ちゃんとヒントはあるのですが明らかに対象年齢には難しい気がします)


なんつったって果物から電池作ったりしますからね!
理科の実験ですよ!
ああ、意外といいゲームだな…

いえ!普通にいいゲームなんですよ!?

ただこのゲームを説明するにあたり
記憶を掘り起こしてみたところ
棒と石で作った槍を振り回してクマと激闘を繰り広げたり
下水の水を飲みながら生きながらえる小学生の姿しかおもいだせないんですよね。


いやぁ…いいゲームでした。

favorite character
・くま

その気になったら開始1分で殺害されることができます。
日本語がおかしいんじゃないです。
殺害されることができるんです。
蛇も怖かったけどクマの怖さには及ばなかった。

BM:75

記念すべき初ゲーム紹介&レビュー!

やはりこういのはつかみが重要ですからね!


ある程度明るくハッピーなもの、

なおかつ万人受けするような

楽しい雰囲気なものでないといけません。

後はこの文章を読み終えた後にちょっとやってみようかな?
なんて気軽にできるハード
が好ましい!

そうじゃなきゃご紹介させていただく意味が薄れちゃいますからね!
そんな都合のいいゲームは果たしてremyの手牌にあるのか!?
それではこちら!
「ブラックマトリクスアドヴァンスト」
990704_l.jpg


remy的あらすじ
(ちょっと長いです。申し訳ない。)

昔何やらよからぬことがあって

翼をもつ2つに人間がわけられました。

黒い翼をもつものは俗にいう「天使」。貴族ポジションです。

白い翼を持つ者は俗にいう「悪魔」。奴隷のような仕打ちを受けています。

なんだか知らないけど何かに巻き込まれて大怪我を負い、

記憶を失った主人公はこの世の理を全く覚えておりません。

しかしご心配めさるな。

なんともはや運のいいことに
(都合のいいことに)

天地がひっくり返るんじゃなかろうか

というそれはそれは美(少)女に

助けられ、同棲し始めます。

もうキャッキャうふふです。

美(少)女はれっきとした現代人で記憶もなくしてないので

普通なら奴隷のように主人公をこき使うのですが

何やら昔の記憶が都合よく出てくることで

「あ、知り合いなんだね~」

って感じでラブラブです。

因みにこの世界ではラブラブになることが何よりも思い犯罪です。

サイコーの世界とは思わんかね?

ラブラブなだけでも死刑以上のことなのに

その相手が白い羽の奴隷だったんだからさぁ大変。

彼女は黒い羽を生やした悪そうな人たちに連れて行かれちゃいます。

頑張れ僕らの主人公!さぁいけ僕らの主人公!

ラブラブな生活を取り戻すために!



あらすじは大体こんな感じです。
それでは先にあげた条件を1個の作品が満たしているかの検証をしましょう。


・ある程度明るい→×
かなり人が死ぬダークな話。
なんつったって「奴隷」なんてワードが普通に飛び交っている上に
平気で盗みや殺しが横行する世界。
秩序なんてなかった。


・万人受け→×
シミュレーションってジャンルがすでに人を選ぶと思うんですね~
更にいうなら。「天使」って題材を扱っている以上
神話的なものも1多少かかわってきます。
ノベルパートではそれはもうどこのスパロボかってくらい話しやがるので
これを退屈と思う人にはお勧めできません。


気軽にできるハード→×
ドリームキャスト
説明不要でしょうが一応補足。
ハードスペックとしては当時最高峰を誇り
PS2と2大勢力になるかとまで言われたけど
メディア戦略の下手さ、目玉タイトルの乏しさその他諸々で
闇に葬られたセガの遺産。
因みにremyはセガ派だったのでPS2より先にこっちを買いました。

……………………… 
…………………
……………


…気をとりなおしていきましょう!!(汗

えー、このゲームは大きく分けて3つのパートで構成されています。
そいつらを順を追って解説しながらのご紹介でございます。

やはりゲーム性は戦闘パートにこそつまっていると思うので
戦闘パートから。

良くも悪くも普通のスパロボ系ですね。

精神コマンドに似たものや遠隔攻撃みたいな魔法。

あとは後ろから殴るとダメージアップ。横からだとちょっとアップ。


後ろ>横>前


って感じです。

しかしながら10年くらい前のゲームだけあって
レスポンスというかなんというか
動作が重たいです。オプションで弄ることも当然できますが。
戦闘パートの難易度は最初に決められます。
ノーマルくらいであればパワーバカ鍛えて突っ込ませれば結構余裕で行けます。
まさにレベルをあげて物理で殴れ。


そしてお次はラブラブパート。

これは物語の冒頭部分だけ行えるステータスアップにかかわってきます。

これを怠るとちょっとだけ難易度が上がります。

このパートが当時幼かったremy君には苦痛で仕方なかった!(笑)
なんつったって少年ジャンプで連載されていた

「I'S」

ですらなんだか読むことが恥ずかしくて飛ばしちゃってたくらい

うぶなあん畜生でしたから(笑)

(因みに大きくなってから呼んだ電影少女。あれはいいものだ。)

何につけてもヒロインが主人公を甘やかし、
何につけてもいちゃついて、
何につけても助け合い。

子供のころは
「両親と洋画を見ていたら キスシーンからベッドシーンから始まっちゃってなんか気まずい」
みたいな感じで楽しめず。

大人になった今は現状とのギャップというか嫉妬の炎で楽しめず。
…あれ?この作品俺に向いて無くね?

そしてノベルパート。
今まであんまり褒めていない私ですが
ここは評価させていただきます。

「天使」「罪」「罰」「愛」


みたいなちょっとダークな感じのテーマ(?)
を扱っている作品なのでちょっと見落としがちなのですが
中々どうして
「王道」
な作品なんですよ。
先に書きましたあらすじでお気づきの方もいらっしゃるかもですが

ヒロインと平和に生活

北斗のモヒカンみたいなのがヒロイン拉致

つかまってるヒロイン助けに行こうかい!

その途中でかなり強くなっちゃった!

ね?王道でしょ?(ボブさん風)

空気感が王道なので予備知識なしで入っても全然楽しめると思います。
因みにラブラブパートは裏ワザっぽいことをすれば永遠に続けられたような記憶がります。

それと忘れちゃいけないのがこの作品の
需要を満たそうという心遣い!!!!

最初にヒロイン(ちょっとアレなのもいます)を選ぶんですが
その属性を発表すると
・しっかり者
・僕っ娘
・妹
・姉
・お嬢様
・男

えー、ご覧のラインナップになっております。
もう至れり尽くせりですね!
最近になってBLを知ったremyでしたがまさか
幼少時にかかわっていたとは!恐ろしいものです!

昔mother2というSFC作品のキャッチコピーで
「大人も子供もおねーさんも」
ってのがありましたが

このブラックマトリクス、
「ドMもロリコンもBL好きも」
って感じですかね。


favorite character

・レブロブス
有無を言わさぬガチムチ。
取り敢えずこいつに頼っとけば大抵の局面が何とかなっちゃう凄い人。
自由を求めてしまったがゆえに逮捕されたって設定も好き。

favorite heroine

・クレージュ
普段から僕っ娘があまり得意でないremyなのですが、
幼少時は下手に女の子女の子してるのより
僕っこの方が抵抗がなかったためにfavorite heroineです。
因みにクレージュ以外にも僕っ娘で好きなキャラが一人だけいるのですが
それは誰でしょう?
分かった方は是非ともご連絡お待ちしています。

第一回!

思い付きで始めちゃいましたw
このブログではremyの無駄話と今までプレイしたゲームの
レビューなんかをしていこうと思っています。

次回作候補や皆さんのプレイするゲームの参考になれば嬉しいです。
※注意
このブログは普段の実況とは切り離してやっていきたいと
考えております。
ご了承下さい。実況したゲームに関してはちょっとは触れるかもですが
極力触れずにやっていきます。


始まりました当ブログ
『やることないならゲームをすればいいじゃない』
次回からゲームレビュー開始でごぜぇやす。
どうかよろしくお願いします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。