スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバキッズ2:70

ゲームレビュー&紹介第二回目。
前回とは違って携帯機からのご紹介!!

一昔前は小学生が持つものだった携帯ゲーム機。

休日に公園に持って行って皆で電池を気にしながらプレイし、

電池が切れたら電気屋さんに小銭を握りしめていく。

中には充電池を持っているやつやACアダプタもってるやつがいて羨ましくなったり、

両親に隠れてこっそり布団の中や

勉強中にプレイしたりする。

そんな子供の思い出がいっぱい詰まったゲームボーイ。
僕らに人の目を盗むこと
わくわくする心を与えてくれたゲームボーイ


それが今や
・ノートパソコン
・携帯電話
・DS、PSP
みたいな感じで社会人のたしなみ。

「いや、名刺交換なんかいいからギルドカード交換しようよ」
みたいになっちゃっています。←おい

そんな現状をわたくしremyがスルーできるわけもなく、

ここいらでそんな荒んだ現代人に是非ともプレイしてほしい
お勧めの携帯ハード用ソフトをご紹介するです。


その名も!
「サバイバルキッズ2~脱出!!双子島!!~」
165001031m.jpg


あらすじ
双子の兄弟が夏休みにキャンプに行こうとしてたら
いい年してふざけた格好をした
大人が三人がかりで小学生を拉致。

片方がそのまま連れて行かれ
もう片方がヘリから落ちてしまい
なんか生きてたから
落ちた無人島から
頑張って脱出しようか!


ってお話です。


もうこのシンプルさがたまりませんよね!
悪魔とか天使とか愛とか罪とかより
こういうシンプルさが現代には必要な気がします。

先に述べたあらすじでお分かりの通り
ものっそいバカなストーリーなんですが
小学生がやるにしてはちょっとシビアだったりします。

まずシステム面。

普通に餓死します。


いや、そりゃご飯食べなきゃそうなりますが、
ゲームボーイ、ましては子供向けゲームで
餓死っていうのがコナミの恐ろしいところです。
ついでに喉が渇いてもやばいです。
餓えか渇きのどちらかに絞ってもよかったような気がするのですが
そんな甘えは許さないのがコナミクオリティ
トウソフトハデハアマエキンシトナッテオリマス

また、無人島に落ちてしまったのですから
当然、野生動物なんかもわさわさ出てきます。
夢の国の黄色いおっさんが裸足で逃げ出しそうなくらい凶暴なクマが
12歳の子供の命を取りに来ます。
因みにremyはあのゲームをやるまで
黄色いおっさんみたいなのがクマで
あんなに怖いものと思ってなかったです。

そういう意味ではいい勉強になりました。


そんなサバイバルキッズですが
所謂「ゲームソフト無差別大量製造期」(こんな言葉はありません)
に販売された作品。
ストーリーなんて二の次で地味な作業が売りのゲームとなっております。
例を挙げるなら遊戯王のゲームとか。

様々な道具を拾って、
分解、組合せ、加工、調理
を行って脱出していくちょっとした作業ゲーチックな内容です。

ちゃんと組み合わせてカギを作り、それを扉に使う。

これだけなら作業感がないといっても過言ではないのですが、
当時のGBにありがちなヒント不足により
総当たりの合成になります。
(ちゃんとヒントはあるのですが明らかに対象年齢には難しい気がします)


なんつったって果物から電池作ったりしますからね!
理科の実験ですよ!
ああ、意外といいゲームだな…

いえ!普通にいいゲームなんですよ!?

ただこのゲームを説明するにあたり
記憶を掘り起こしてみたところ
棒と石で作った槍を振り回してクマと激闘を繰り広げたり
下水の水を飲みながら生きながらえる小学生の姿しかおもいだせないんですよね。


いやぁ…いいゲームでした。

favorite character
・くま

その気になったら開始1分で殺害されることができます。
日本語がおかしいんじゃないです。
殺害されることができるんです。
蛇も怖かったけどクマの怖さには及ばなかった。
スポンサーサイト

comment

No title

突っ込み所満載のこういう懐かしいゲーム大好きです。

でも下水飲みながら生きながらえる小学生って・・・切ない

怖いもの見たさでプレイしてみたくなりましたw



ゲームのレビューって見るの面白いですよね。それがremyさんの紹介ならなおのこと!!とっても素敵なブログだと思います(´∀`)

これからも更新楽しみにしていますー。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。