スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TH TH2

ゲームの素晴らしさを伝えるという崇高な精神で始まった当ブログ。←?

しかしながら
メジャーなタイトルのレビュー&紹介を
全然やってねぇじゃねぇか!
というかわざとメジャーゲームをさけてんじゃないのか!?

そんなマイナーゲームばっかり紹介されてもついていけねぇよ!
どうでもいいからディアマイサン撮れよ!
グランディア終わらせろよ!


そんな風に言われても仕方がない気がする今日この頃。

そんな皆様のご期待(←?)にお答えして!
ここいらで多少メジャーなゲームをば。


今回はギャルゲーです。
分類的にはエロゲーに分類されるでしょうが
コンシューマーも出てるし大丈夫だよね!
実際remylibraryからどの作品を出そうか結構本気で迷いました。
何だかんだでremyの動画をご覧下さっている方の中には
18才未満、というか小中学生もいるらしいので
流石にそんなにどぎついものをレビュー&紹介するわけにもいかず、
ジャンル的に少数派なのにマイナーなゲームを選べばさらに
少数派の人に向けた感じになっちゃいます。

有名なメーカー、それでいて凄く初心者向けな作品をば!

こちら!

『To heart』シリーズ
koko.jpg
画像は1と2の同梱版です。



今回はシリーズが出ていて、尚且つremyがすべて好きという理由でまとめてレビュー&紹介です。
ちょっと長くなりますがシリーズのどれから手を出せばいいかの参考になれば嬉しいです。
(といっても今回お話しするのはナンバリングのみなんですがね)

まずはTo Heart

エロゲーやギャルゲーをやったことがない方でも
一度は耳にしたことがおありなんじゃないでしょうか?
およそ15年前にleafさんから発売されたエロゲー界の金字塔的作品です。
(いいすぎ?)
東鳩なんて書き方をされたりもしますね。


高○生(パッケージによっては隠さなくて大丈夫です)になった主人公、 藤田 浩之。
性格がよくて自分から行動は起こさないが、
困っている人を放っておけないという、
もうギャルゲーの主人公のテンプレみたいな 藤田 浩之。
自分から何もしなくても
とても運がよく(都合よく)
女の子と仲良くなれるという貫禄の主人公補正持ちです。


しかしながらそういう王道主人公のテンプレをこの時代のゲームメーカーが作り上げてきたことを考えれば文句を言うわけにはいきません。
確か97年発売だった気がします。
(ナンデremyはソンナゲームヤッテルカトカキニシナイ)

なにせこの時代のエロゲーなんてストーリーなんて二の次で何よりもエロスに力をいれていましたからね。
(すんごい気持ちが悪くなるような鬼畜な作品があったりするのです。まぁそれは今でもあるみたいですけれども)
勿論そんな作品ばかりではなかったですがダークな作品が多かったっす。


事実このゲームをだしているleafさんも今作をリリースする前はエロス、、、というかダークな作品をお作りになられていましたから。
だってタイトルが『痕』ですもん。明るくハッピーな作品だったら逆にすごいですよ。


そんな玄人好みの方向性から、
メーカー三作目にしてギャルゲーの王道の一部を担う作品へのシフトチェンジしたわけです。

そういう意味で、最近ではありきたりな主人公(ストーリー)でも、当時としてはで判断されてみるのはいかがでしょうか?

システム面に関して言えば正直今ほど完成されているようなものではありません。

まあ15年近く前のPCゲームですからね。
今主流のDVDやBDなんてあんまり出回ってるわけじゃないわけですよ。


そんな中、当時としてはPCゲームから音楽が、そしてボイスが、CD音質で聞こえるだけで珍しかったらしいので
システム面で見ても当時最高峰のソフトスペックだと言えるかと。
…ああ、remyは22歳です。

もうOP曲がいいんですよ!
Brand New Heart
これが流れるとremyの涙腺がイゴリます。
その他にもいい音楽がたっくさん!
ただ少し気になるのはスキップモードにしたときに音声スキップが
間に合わないことがあり妙な台詞が遅れて聞こえてしまうことがあることでしょうか。
まぁこの時代のゲームにはよくあることなのでおきになさらず。
ん?22歳ですよ?

で、肝心のゲームの内容です。
せっかく高○生なんだから青春して彼女作ってリア充になろうぜ☆
って感じです。

いやもう見も蓋もなく。

もう本当に王道なんですよ。
RPGの王道が強くなって魔王を倒すことなら
ギャルゲーの王道は彼女作ってリア充を目指すことですからね。
意中のヒロインがどう向こうから自分にやって来るかを
楽しむゲームが王道ギャルゲー。
主人公は王道ヘタレ主人公です。

ヒロインのラインナップも
・幼なじみ
・スポ根元気
・外国人
・無口な年上
・その妹(リメイク番限定だった記憶)
・幼なじみの友達
・他
と他球団ならクリーンナップを任されるくらいの主砲揃い。

それに加えて防御率1点台の投手が投げるんだから困った球団ですよ。
100マイルの真っ直ぐ放ってきたと思ったらナックル持ってるんですからですからどう対処すればいいやら。


100マイルの魔球ナックル、通称
『マルチ』
このヒロインのシナリオで涙腺がサイクルヒットした青年男子諸君も数多くいるんじゃなかろうかと思われます。

詳しい内容はネタバレになるため控えますが、
メカ…というかロボットヒロインです。
ゲーム中では「メイドロボ」という何とも新しい響きがお出迎えしてくれます。
設定上は人間とほとんど大差なく、耳のところについているインカムみたいなものが目印って感じです。

ときメモのような真っ直ぐかと思いきや
ロボがヒロインを勤めるなんて、、、
leafはほんま恐ろしい会社やでぇ…

多少攻略が難しいキャラなのですが、攻略を終えたときの感動は
このヒロインを攻略するためにこのゲームを買っていいレベルです。

この後継機が続編にも出てきますが残念ながら本筋でのヒロインは獲得できませんでした。
(まぁロボよりぶっとんだ宇宙人がヒロイン権を獲得してましたが)

因みにremyはセリカ先輩がイチオシです。
姉より優れた妹などいない。

…こんなことを言っちゃうと夜道を一人出歩けなくなるためご注意を。
それほどどのキャラにもファンがついているってことですね。

さっきからメインヒロインの話を一切していませんでした。

こういうゲームのメインヒロインは影が薄くなるという半ば鉄則みたいなものがあったりするのですが、

そこは天下のleaf。

あかりちゃんはあかりちゃんで持ち味をいかしております。

競うな!持ち味を活かせ!!!

…ん?

主人公が何気無く
『俺ショートカッターなんだよね』
(ショートカットの娘が好きな人のこと。無論造語です。)
とこぼしたところ、
おさげを切りショートカットにしてくる健気っぷり。
普通彼女でもない女の子が自分の好みに合わせて髪を切ってきたら
(そして自分がそんなことを言ったと自覚してたら)
なんかこう…甘ずっぺぇ展開になるじゃないですか!

それを受けて
『ああ。いいんじゃね?』
程度の感想の主人公。

一体全体ギャルゲー主人公って何様なんでしょう?

まぁこれは浩之君に限らずどのギャルゲー主人公でも
当てはまるので文句を言うことがお門違いな気がします。
まったく…

個人的にTo heartの点数は90点。
あの甘酸っぱさはリア充嫌いのremyもなぜか嫉妬しない甘酸っぱさ。
しかしオススメ渡は60点ってとこです。
なにせ古いので馴染めない人もいるでしょうしね。。。

多少色々(システム面とか絵柄が)改善されたパッケージも出てます。
当時の「ままならなさ」を楽しめない方はそちらがオススメです。



続いて前作『Toheat』から10年近くの時を経て待望の続編

『Toheat2』

たしかこれはleafさんの記念作品立ったような記憶があります。
なんの記念かはすでに覚えておりません。申し訳ない。

上記の通り記念作ですから大阪と東京の二社合同で製作し、
音楽から映像、一枚絵、システム、どれも特別に力を注がれた模様。

そしてなんとleafさん、PCからコンシューマーというありふれた手法の逆、
コンシューマーからPCという大きな自信が見え隠れする奇策をもって今作品を打ち出します。

(PC→新キャラ追加でコンシューマー→そのキャラを攻略対象にして、またPCみたいな売り方は今でもあるんですがね。)

私見ですが、今でこそありふれているエロゲーのメディア展開(アニメ等)。
当時は、今よりやりづらかったんじゃないかなと。
だからこそ最初をコンシューマーで出して
「アニメ」「漫画」「CD」
等の展開に持っていきやすくしたんじゃないかなと。


結果的に前作『Toheat』と比べてもより一層ライト層に向けたもの作り。

この辺が入れ替わりが激しいエロゲー業界で長いこと活躍している要因かもしれません。

さて今作品の特徴としましては、一般的なギャルゲー方式から、
かまいたちの夜等に代表されるサウンドノベル方式を採用されています。

後は記念作ということで前作や同メーカーの作品をやっていれば思わずにやりとするものが各所に散りばめられています。
例をあげるなら音楽。

今作品は前作の大体3年後という設定で、舞台となる学校も同じです。
なので音楽も前作をアレンジしたものが多く使われています。

手抜きという意見も勿論あるんですが、
2からプレイされるかたには関係ないですし、
1からやってる人は昔を懐かしめていい試みだとおもいます。
勿論各ヒロインごとのテーマソングやOPEDは新曲です。

元々音楽のいいゲームでしたからね!
おじさんは嬉しいよ!

…だから22歳だってば!

さて肝心のゲームの内容。
『せっかく高○生になったんだから青春してリア充になろ…』
ん?デジャブ?

失礼。少々言葉が足りませんでした。
正しくは…えーと…
『せっかく高○生になったから青春して女性恐怖症治してリア充になろうぜ☆』
です。

なんとこの主人公、河野貴明くんはギャルゲー主人公なのに幼少時のトラウマにより女の子がちょっと苦手な変わった
(設定的にはありきたりな)主人公です。

トラウマを作った元凶もヒロイン候補で
更に言うなら今作でも有数の人気キャラクターだから困ったものです。


トラウマになった原因を聞いたら、ここまで(女の子がちょっと苦手程度)
にまで回復したことがすごいことだとおもいますよ。

男としてはとても大事な部分を切り落とされて女の子にされそうになってましたからね。
凶器は鋏です。


壮絶なリハビリテーションを敢行したことは想像に難くありません。

remyがもしそんなんなったら女の子どころか人間恐怖症になるわ。

しかしですね、そんなトラウマなんて赤の他人からしてみれば知りようもないことなので、客観的に見ると

『俺女とか全然興味ねぇし、まじで。』

くらいにしか映らないんですよね。

なにあいつ気取ってんの?

とか

中学生かよ。

みたいな感じにみえちゃいます。


…これがギャルゲー主人公じゃなければなぁ!!!

モテモテなんですよ、実際。


幼なじみの後輩は高○生だというのに家に泊まりに来て一緒の布団に入って来ちゃうわ、


角を曲がれば女の子と衝突してドキドキされるわ、

その女の子と家族ぐるみで付き合いを始めちゃうわ、

年上のお姉さんから常時抱きつかれてるわ、


転校生がいきなり『あんたと一緒じゃないと意味がない』とかいって隣の席に来るわ、


夜中遅くまで女の子と毎日ゲーセン行くわ、


昼休みに女の子と毎日お茶してるわ、


夜学校に忍び込んで女の子とポエミーなことになってるわ、


体育倉庫で女の子押し倒して胸さわるわ。


もうやりたい♂放題

女性恐怖症とはなんだったんでしょう。

以上の(寧ろ異常な)毎日を送りながら
『俺、女の子が苦手なんだ。嫌いってわけじゃないけどどう接していいかわからない。困ったもんだよ。』
とかなんとか抜かしてやがるもんだから性質が悪すぎる、
友人の雄二くんも呆れますよ。

因みに雄二くんってのは
ヒロインの弟でいつも姉に虐められる主人公無二の親友で、
スペックは以下のようになっております。

・眉目秀麗
・スポーツ万能
・いいとこのお坊ちゃん
・気遣いができる
・性格は最後まで主人公を助けるナイスガイ
・CV.鳥海さん

というこんなイケメン中のイケメン。

あ!もう一つ特徴があった!
忘れるとこだったよ!追加!
・女の子にはモテません。



…オイィ!!?
お前それでいいのか!?

雄二の寿命がストレスと姉からの拷問でマッハなんだが!?

こんなイケメン設定なのにモテない雄二くんを嘲笑うかのように

タカ君(主人公)はなんの取り柄も無いというのにモッテモテ☆

(フォローを入れておくと取り柄がないわけではないです。
勉強は中の上、運動は中の上、ルックスは普通よりちょっといい、優しい、以上です)

ある意味どんな屈強なRPGの主人公より主人公補正が凄いタカ君です。
RPGに例えると

勇者「レベル上げめんどくさいから竜王の城に乗り込んで倒そうぜ!wwwwwwww
   海があって行けない??そんなの王様が何とかしてくれるっしょ!wwwwwww」


王「しかたないなぁ…もう…///」

勇者「うはwwwwwwまじやべぇwwwwww会心の一撃しかでねぇwwwwwww
   しかも竜王の攻撃あたんねぇwwwwwwあ、魔法と火炎は禁止ねwwwwww」
 

竜王「不公平じゃね?」

こんな感じ。

勇者→タカ君
王→ヒロイン
竜王→雄二君

なんということでしょう。


ちょっと話が変な方向にいっちゃったので
話を元に戻して
remy的Toheat2お気に入りポイント。
(Toheatにも言えることですが)
プレイヤーへの心遣い的な設定とゲーム内容です。

どこにでもある普通の学園生活。
これがToheatシリーズの一番の魅力だと思うんですよ。

で、それを壊さないために学校の名前や町の名前は一切ゲーム中で明かされません。

製作者さん曰く
『皆さんが自由に自分自身を投影するために敢えてそういうところは明かしませんでした。皆さん自身の学校や町を当てはめてください。』

だそうです。

この心遣いこそがleaf(aquaplus)クオリティ。
この心遣いやどこか懐かしい学園生活が今回のゲームレビューに取り上げた要因でございます。
それと勘違いはなさらないように!ボクハタカクンダイスキデス。

因みに2の点数は85点。
オススメ渡は同じく85点でございます。

favotite character
・向坂雄二
この作品で僕は鳥海さんを知り、ラジオを聞き始め、ファンになりました。

あるシナリオでは主人公とヒロイン両方を助けてくれたイケメン。
主人公のために自分は犠牲になってもいいというイケメン。
remyは雄二くんの幸せを切に願っております。

もうユウ君がヒロインでいいよ。

Favotite heroine

1
・ 来栖川 芹香
なでなで。
これに陥落した人はremyと呑みに行きましょう。
黒魔術はちょっと怖いですけどね!


2
・るーこ きれいなそら
名前はふざけきってますがれっきとしたヒロインです。
公式の名前紹介はネタバレなきもしますねw
因みにCV.夏樹リオさん
大好きな声優さんです。

というか当時はそうでもなかったかもですが今となっちゃあtoheat2の声優さんは主人公含め超豪華。みんな!ググって見るといいよ!


ファンディスクやデスクトップアクセサリー、1・2同梱パック、PC版2等はまたの機会に。

全部持ってるのかよ。
とかremyの心を抉るようなことは言わない約束です。
スポンサーサイト

comment

No title

きましたねTo heart(・∀・)2828
やはりマルチですかwいやぁなかなか楽しいレビューでした、remyさんがどれだけ入れ込んだかがわかりますw

以前お話させていただいたときにも少し話題に上がりましたが、私自身は圧倒的人気からなんとなく手を出してないんですよね・・・。
葉っぱだと私は痕と、一般的な評価はどうかしりませんがRoutesが好きです。

えーと、この話題についてこれるの私だけとかじゃないですよね?よね?

でわでわ~

No title

全部もってるのか(ry

長い!長いよ!
でもremyさんの東鳩愛がもの凄く伝わってきましたww

自分は1は芹香、2はタマ姉ですね。
タマ姉になら切られても…やっぱり無理ですすいませんでした。

No title

大変大事なものを忘れていました

『うたわれるもの』です
私はゲームとアニメ両方で泣きました。
アルルゥにやられました。。。

個人的にストーリーと世界観は最高だったので、もう少しゲーム性が面白ければ最高だったんですけどね。。。

でわでわ~
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。